TOTETSU 東鉄工業株式会社

rss
Powered by Accela BizSearch
文字サイズの変更 サイトマップ RSSについて English
ホーム 会社情報 IR情報 事業案内 施工実績 技術紹介 CSR報告書 採用情報

事業案内

  ホーム  >  事業案内  >  線路事業

線路事業

鉄道工事のリーディングカンパニーとして、交通ネットワークを日々支え続けております。

東鉄工業の柱のひとつである線路部門。鉄道の安全を守り快適な列車の走行を実現するために、長年培ってきた技術と経験に加え、機械化を推進することで次世代の線路メンテナンス工事を提案します。鉄道の安全・安定輸送にとって、線路メンテナンスは欠かすことはできません。安全性、効率性、操作性に優れた機械器具や施工体制を整備し、より安全で快適な列車の走行を保証する線路の確保に努めています。

事業内容

鉄道線路メンテナンス工事

鉄道各社の様々な場所で線路の修繕やレールを交換する線路のメンテナンス工事は、毎日の快適な列車の走行に欠かすことのできない非常に重要な工事です。

 

分岐器検査装置による検査
0.1ミリ単位でレールの磨耗具合、幅、高低差を検測

 

橋マクラギ交換
メンテナンス工事により、安全・安定輸送に貢献

JR東日本管内、そして我国で最大の鉄道線路メンテナンス会社

当社は、首都圏を中心にJR東日本管内の様々な場所で、日々線路メンテナンス工事などを行って  います。「〜安全はすべてに優先する〜」という経営の最優先事項のもと、列車の快適な走行を確保するため、終電から初電までの限られた時間内で安全・効率的に作業を行っており、その施工エリアはJR東日本管内、そして我国で最大のシェアを誇ります。

多くの大規模切換工事の施工実績

現在、品川駅では、上野〜東京間で工事を進めている東北縦貫線の乗り入れに伴い必要となる折り返し機能の整備を目的として改良工事を進めています。この切換工事では、これまで改良を行ってきた10番線ホーム(旧臨時ホーム⇒新湘南ライナーホーム)を使用開始するとともに、11番線(東海道下り)の線路移動とこれに伴うホームの改修工事を行いました。

 

品川駅線路切換工事

機械保線工事

日本一の保有台数を誇る高性能な大型保線機械をフル活用し、新幹線・在来線において、マルチプルタイタンパーによる道床つき固め、レール削正などの線路メンテナンス工事を行っています。

   

レール削正車
東北・上越・長野新幹線の全線でレール削正工事を施工しています。

大型保線機械の保有台数我国No.1

当社では1980年代後半から保線作業の機械化を進めてきました。現在、高性能な大型保線機械の保有台数や稼働力は、我国No.1です。

大型保線機械

台数(台)

マルチプルタイタンパー

16

バラストレギュレーター

11

軌道モーターカー

37

ロータリーモーターカー

22

レール削正車

12

新幹線確認車

5

マルチトロ

35

(2015年3月現在)

   

ロータリーモーターカー
降雪地域の除雪作業を行います。

精度の高い軌道保守

列車の走行による荷重の影響等で生じた軌道の凸凹を修正します。沈み込んだ部分のレールを持ち上げて、振動するタンピングツールを使用し、マクラギ下に道床(砕石)をかき込みます。

   

マルチプルタイタンパー
各地の出張所を拠点にして道床つき固め工事を施工します。

高度なレール削正技術

長期間多くの列車が走行すると、レール表面に疲労している部分が発生することがあります。疲労している部分を放置すると、通常よりレールの寿命が短くなってしまうので、一定の周期で取り除くことが重要となります。当社では疲労した部分を削って除去できるレール削正車を多数保有しており、JR東日本管内のレール削正によりレール寿命の延伸や、騒音軽減を図っています。

   

レール削正車
首都圏在来線及び東北・上越・長野新幹線のレール削正工事を施工しています。

毎朝の新幹線の安全確認作業

新幹線の線路の安全確認のために、毎朝始発列車前に走行し、保守作業等の跡確認を行なっています。この確認車には自動運転装置・支障物検知装置が搭載されており、1名での運転が可能となっています。

   

確認車
画像処理技術により支障物検知が可能で、自動運転装置も搭載され、運転の自動化が図られています。

軌道新設工事

北陸新幹線長野〜金沢間延伸や東京〜上野間東北縦貫線の軌道新設、立体交差や配線改良に伴う軌道敷設など、JR東日本や新幹線などの多数の軌道新設工事を手掛けています。

   

北陸新幹線新設工事
長野2工区飯山駅付近(約36km)富山1工区糸魚川駅付近(約28km)の軌道工事を施工中。

私鉄各社の線路工事にも積極的な取り組み

京王線調布駅付近連続立体交差化工事において、当社は難しい施工環境下で、新たな軌道敷設工事に携わりました。

   

調布駅付近連続立体交差工事
京王線柴崎駅から西調布駅間及び京王多摩川駅間をラダーマクラギ軌道により施工。

省力化軌道敷設工事

線路変位の原因となる道床バラストの劣化を防ぐため、マクラギの大型化とバラストをセメントで固めることにより、軌道全体の強度を向上した省力化軌道を敷設する工事です。(首都圏線区を中心に導入)

 

特殊軌道敷設工事

鉄道の軌道敷設技術を応用して、新交通システムやLRTなどの特殊な軌道工事にも取り組んでいます。
(日暮里・舎人線の敷設など)

 

震災・災害復旧工事

東日本大震災では、被災直後から、東北新幹線、東北本線、常磐線等の線路復旧工事に全社を挙げて取り組み、その早期復旧に貢献しました。

 

常磐線 水戸〜勝田間線路復旧工事

ページトップへ

主な施工実績

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくにはアドビシステムズ社が配布しているAdobe® Reader®が必要となります(無償)。Adobe® Reader®をインストールすることにより、PDFファイルの閲覧や印刷が可能になります。 Adobe® Reader®
 
事業案内
線路事業
土木事業
建築事業
 
建築環境リニューアル事業
建物診断
A リニューアル・リノベーション・リフォーム
B 耐震改修
C 省エネ対策・外断熱工法
D 屋上・壁面緑化
E アスベスト除去
お問い合わせ
環境事業
 
1. (1)壁面緑化のご案内
1. (2)苔緑化(トモス緑化システム)のご案内
2. 太陽光発電事業のご案内
4. 再生水製造システムのご案内
5. アスベスト除去のご案内
ページトップへ
Copyright(c) TOTETSU KOGYO CO.,LTD. All rights reserved.