人を大切にする企業

会社の持続的な成長を支える従業員一人ひとりが、健康でいきいきと業務に取り組むことができるよう、健康増進に資する取組みへの積極投資や、従業員の価値観やライフプランに合わせた働き方を選択できるような制度設計を進めております。従業員のやる気と個性を尊重する、働きがいのある職場づくりを進めてまいります。

働きがいのある職場づくり

人権の尊重

従業員の多様性や個性を尊重し、お互いが協働して能力を発揮することのできる環境を整備することで、企業価値のさらなる向上に努めてまいります。

健康経営の推進

従業員が長期にわたり高いパフォーマンスを発揮するために、健康経営の推進に取り組んでおります。健康経営の積極的な推進にあたり、健康保持・増進に対する当社グループの方針を明文化した「健康宣言」ならびに管理本部長を健康管理統括責任者とした「健康管理体制」を制定いたしました。「健康宣言」と「健康管理体制」の詳細は下記のリンクよりご確認ください。

主な取組み事例

・生活習慣病等の重症化予防のための取組み
従業員が長期にわたり高いパフォーマンスを発揮するためには、生活習慣病の発症や重症化を予防し、健康を保持・増進することが大切であると考えております。定期健康診断の再検査の受診勧奨を産業医・保健師とともに積極的に実施しているほか、再検査費用の補助を実施しております。また、35歳・38歳・40歳以上の従業員および配偶者を対象に、人間ドック受診費用の補助を実施しております。
・職場復帰支援プログラムの運用
従業員がメンタルヘルスの不調により長期間休職せざるを得ない状態となることは、従業員本人にとっても会社にとっても大きな損失であると捉えております。当社では、万が一、メンタルヘルスの不調により休職する従業員が発生した場合に備えて、円滑な復職をサポートするための職場復帰支援プログラムを制定し、運用しております。また、メンタルヘルスに関する研修や外部相談窓口の設置等、不調を未然に防ぐための取組みも推進しております。
・インフルエンザ等感染症予防のための取組み
当社では、感染症の拡大が企業活動に影響を与えるリスクを最小化するために、予防接種費用の補助等の取組みを実施しております。インフルエンザの予防接種においては、従業員の接種費用を全額補助することで接種率の向上を図るとともに、家族の接種費用についても一部を補助する取組みを実施しております。
・運動習慣定着のための取組み
日頃からの運動習慣を定着させることは、従業員の健康保持・増進のために大切であると考えております。当社では、毎日各事業所においてラジオ体操の実施を継続しているほか、運動習慣の定着をサポートするための取組みとして、従業員がスポーツクラブを利用する際の費用補助を実施しております。またソフトボール大会等の社内イベントを開催することで、運動習慣の定着はもとより従業員間の交流が促進され、職場の活性化にも寄与していると考えております。

ワークライフバランス

多様な人材が働きがいを感じながら、能力を十分に発揮し、仕事と生活の調和を図り豊かな生活ができるよう、各種制度の充実と、働きやすい職場環境づくりに取り組んでおります。

主な取組み内容

  • 育児・介護休業、休暇制度
  • 私傷病及び介護必要時の積立年次有給休暇制度
    (失効する年次有給休暇の積立制度)
  • 現場の4週8休に向けた休日取得の促進
  • 年次有給休暇取得推進期間の設定
  • 育児・介護短時間勤務制度
  • ノー残業デーの実施
  • 現場異動時休暇の取得推進
  • 永年勤続者に対する特別休暇の付与
    (20年勤続:3日 、 30年勤続:5日)

東鉄工業の働きやすさ支援制度

女性の活躍推進

建設業界、特に鉄道関連工事において、女性技術者が増え持てる力をもっと発揮でき活躍の舞台が広がるよう、女性にとって働きやすく働き続けられる職場環境の整備を進めております。2020年4月には、当社で初めて線路部門に女性技術者を採用し活躍のフィールドを広げました。また、(一社)日本建設業連合会が建設現場で働く女性の活躍を推進する「けんせつ小町工事チーム」への登録をはじめ、女性の活躍推進に向けた取組みを積極的に進めております。

けんせつ小町登録工事所一覧

※横にスクロールしてご覧ください。

工事所名(チーム名称) 工事名 工期
榎戸建築工事所(えのきど小町) 榎戸駅橋上駅舎新設他工事 2016年12月~2019年3月
羽鳥駅工事所(はとり小町) 羽鳥駅橋上化及び自由通路新設他工事 2017年8月~2020年2月
成田空港工事所(くうこう小町) 成田空港駅コンコース改良工事 2019年3月~2021年3月

くうこう小町紹介

現場が訪日外国人の方々が多く利用する成田空港駅のため、お客さまに怪我をさせない安全設備に配慮しています。サインデザインにも女性技術者・技能者の提案を取り入れました。

  • くうこう小町1
  • くうこう小町2

女性の活躍推進に関する行動計画

当社では、女性が働きやすい環境整備、女性の積極的な活躍推進を図るため、行動計画を策定し、取組みを進めております。

行動計画の内容

※横にスクロールしてご覧ください。

計画期間 2019年4月1日〜2022年3月31日
目標
  • 女性を積極的に採用し、技術系女性社員を2倍にする。
  • 女性のキャリアアップをサポートし、女性管理職数を3倍にする。
主な取り組み
  • 採用パンフレットや会社ホームページにて、女性社員の活躍を紹介するほか、女性社員によるリクルーター活動を積極的に行い、技術系女性社員の採用を強化。
  • 定期的な現場巡回により技術系女性社員へのヒアリングを実施し、働きやすい職場環境の整備を図る。
  • 女性のライフイベントに応じたロードマップを策定し、現場で働く女性社員が仕事とライフイベントを両立しながら活躍し続けられるよう、将来のキャリア形成を支援。
詳細 https://www.totetsu.co.jp/recruit/images/woman/woman.pdf?2020

障がい者雇用

当社は、多様な人材活用の一環として、積極的に障がい者の雇用拡大に努めております。2020年6月1日現在の障がい者雇用率は、2.18%となっており、さまざまな分野で活躍しております。 長く安心して働き続けられるように職場環境の整備など、今後もさまざまな配慮をしてまいります。

教育研修

人材育成計画

ステークホルダーから信頼される誠実な経営を推進するため、安全、技術向上、コンプライアンス等を目的とした教育を実施し、組織的に人材育成を行っております。

人材育成体系図

東鉄研修センター

東鉄研修センターは、2000年に設置された次世代の社員を育成するための研修施設です。理論から徹底的に学べるように経験豊かなベテランの講師が年次、能力に応じてきめ細やかな技術的な教育を行い、環境の変化や現場で起こり得るリスクに、自ら対応できる技術者を育成しております。また、多くの経験豊富な従業員が退職期を迎えるなか、現場での技術継承を補う効果があり、工事の品質、安全の向上に重要な役割を担っております。建設技術は、理論を伝える以上に現場で培った経験をいかに継承していくかが重要となります。東鉄研修センターでの教育研修の実効性をより一層高めることで、確実に技術レベルの維持・向上を図るとともにさらなる成長を目指しております。

  • 目的別専門教育(線路)
  • 測量実習