先輩社員からのメッセージ

土木部門

東北支店 土木部工事所 小林 昴樹

建造物が、自分の目の前で、出来ていく喜び!

Q1. 東鉄工業を志望した動機

父が建設会社で働いていた影響もあり土木関係の仕事に関わりたいと学生時代から思っておりました。また一般土木工事とはまた一つ違う「特殊」な工事にも携わりたいという気持ちもあり、そうした会社を探している時に当社を知りました。

Q2. 現在の仕事内容

現在は豪雨災害で流失してしまった橋りょうを撤去するという特殊な工事に携わっています。
施工箇所への進入路の造成では、光波・レベル等を使用して現地測量などを行いました。
測量で気を付けている所は、しつこいくらいチェックを行うことです。測量が違うと品質管理は基より工程管理、安全管理に至るまで、全ての管理に影響を及ぼします。何かおかしいなと思ったら確認するよう心掛けています。事務所内では追加の施工計画書・計画に伴う図面の作成をしています。計画書の作成では現場に携わる協力会社との打合せ、実際に施工できるか現場での確認を入念に行う必要があります。段取り八分という言葉があるように、計画が確実に行われていれば工事はスムーズに進みます。また発注者に提出する図面の作成もあり仕事内容は日々充実しています。

Q3. 仕事のやりがい

日々工事が進むにつれ違う風景になり、段々と目的の構造物が出来てきて図面通りに出来上がってくると自分の目で仕事の進捗を感じることができ、やりがいを感じます。また現場では設計、図面通りとはいかず、その対応に追われることがありますが、対応策を考え、防止策を練るところはつらさでもあり、面白さでもあります。現場によりますが夜勤の現場が多く生活が不規則になりやすいことがつらい所です。ただ夜働く分、日中に行動が出来るのでいつもとは違う気持ちで生活できることころは面白いです。

Q4. 仕事を通じて成長したところ

  • 安全・工程・品質等、全てにおいて先を考えて行動すること。
  • 何事もチェック・確認を行うこと。(手戻りをなくすため)
  • 相手の立場になって説明するよう心掛けること。
  • 現場の流れが分かるようになったこと。

Q5. 職場の雰囲気

職場の雰囲気はとても明るく、笑いの絶えない職場です。上司・同僚とは仕事だけではなくプライベートについても話し、日々コミュニケーションを取るよう心掛けています。普段は笑い話も多いですが、仕事の話になるとお互いの意見を出し合い、意見を統一し協力して工事を進めています。

Q6. 学生の皆様へのメッセージ

学生時代は社会人と比べて自由な時間が多くありますので、様々な人とコミュニケーションを取ってください。そこで自分と違う考え方・感性などを経験することは社会人になってから大いに役に立ちます。特に建設業では多くの人と接する機会があります。そこでのコミュニケーション次第で仕事の能率が全く異なってきます。その時に学生時代の経験は絶対に生きてくるはずです。残りの学生生活を大いに楽しみ、有意義な時間を多く過ごしてください。

ある1日のスケジュール

  • 8:00
    朝礼
  • 9:00
    現場内の設備の点検
  • 10:00
    施工管理(材料の検収・測量等)
  • 12:00
    昼食
  • 15:00
    施工管理(出来形確認・測量等)
  • 17:00
    現場終了点呼
  • 18:00
    書類整理(図面作成・写真整理等)
  • 20:00
    帰宅

部門紹介

鉄道・道路関連工事・耐震補強・防災工事に強み

  • JR常磐線
    利根川橋りょう改良工事

  • 九州新幹線
    久山トンネル新設工事

  • 石巻市新渡波西地区
    宅地造成工事

  • 横浜町田付近 道路耐震補強工事
    (国交省)

線路・土木・建築・環境各部門のシナジーを発揮する「オンリーワン」の東鉄工業

  • JR山手線
    秋葉原駅ホームドア新設工事

  • JR常磐線
    那珂川橋りょう防風柵設置工事

  • 外環自動車道
    小山高架橋新設工事

  • 東北新幹線
    トンネル耐震工事