環境事業苔緑化 トモス緑化システム

「工場立地法改正」により、コケ植物による緑化が緑化面積へ参入可能になりました。

工場立地法の改正によって、敷地面積3,000㎡以上、または建築面積が3,000㎡以上の工場は敷地の20%以上緑化することが義務付けられています。この緑化面積の25%以内(1/4)に限定して、屋上、壁面緑化でも緑化面積へ算入することが可能となりました。

また、苔植物による緑化も緑化面積へ算入可能となり、当社では、圃場で生産した高品質、超軽量な苔を使ってローメンテナンスを実現した苔緑化「トモス緑化システム」をご提案しております。

※緑化面積の割合は地域によって異なります。

東鉄苔緑化「トモス緑化システム」の3大メリット

  • 1. 超軽量

    植栽土壌不要。超軽量だから建物への負担をかけません。屋上はもちろん、傾斜屋根・壁面などあらゆる場所の緑化が可能です。

  • 2. ローメンテナンス

    乾燥に強いスナゴケだから水やり・施肥・刈り込み不要。日常の維持管理が不要です。

  • 3. 圃場で生産

    苔を圃場生産することで、優れたコストパフォーマンスと高品質を実現。安定した製品供給が可能です。

スナゴケの特長

  • 成育場所

    日当たりの良い場所に生息する苔植物(蘇類)で、砂地等の無機質で乾燥する場所にも群落を形成し成長します。-20℃~70℃までの耐寒・耐熱性を備えています。

  • 成育

    3~5年で3cm程度に成長します。下部から枯れて死んでいき、上方は連結しあい半永久的に成育します。

  • 手入れ

    刈り込み不要です。日本の自然環境で成育するので潅水不要です。

  • 雑草

    土は使いませんので、雑草、虫の発生はほとんどありません。

  • 保水性

    自重の20倍もの水を保水するために断熱効果に優れた素材といえます。

  • 休眠

    コケは乾燥すると休眠(仮死状態)します。雨水で茎葉体を広げ活動再開。

スナゴケの特徴
  • スナゴケの特徴
  • スナゴケの特徴

圃場で長期間成育した苔製品を使用しています。

トモス製品の苔は、圃場で生産しています。苔の圃場生産により、高品質な苔を安定供給することが可能になりました。

圃場で長期間成育した苔製品を使用しています。